読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しい偶像理論

見とめたもの全て記録したい

週末の夜は唯一無二の君に恋しよう

偶像 楽曲 アイドル

 5月11日に発売するモーニング娘。’16のニューシングル「泡沫サタデーナイト!/The Vision/Tokyoという片隅」に収録されている「泡沫サタデーナイト!」、かなりサイコーだぞ!

 かつてのハロー!プロジェクトプロデューサーつんく♂氏はインタビューで“ミック・ジャガーが上手いかどうかとかって歌がうまいか、そうじゃないかということを議論する以前の問題じゃないですか。ロックなんだし、ストーンズなんだから、それでいい、それと同じで、モーニング娘。や、スマイレージが歌ったらこうなる、みたいなことなんです。それでいいんだし、それがロックなんですよ。”と語っている(「Quick Japan」vol.98『つんく♂の見据える視線の先』より)。モーニング娘。あるいはハロー!プロジェクトという集団は、唯一無二のなにかを持った女の子達が輝ける場所なのだ。

 そこで最も注目したいフレーズは「私にしかきっと踊れない そんなビートがある」。このフレーズは、ハロー!プロジェクトつんく♂氏がプロデューサーを退いた今もつんく♂氏の目指したハロプロイズムが継承されていっている論拠になるのではないだろうか。

 この楽曲の作詞作曲は赤い公園の津野米咲である。SMAPの「Joy!!」を手掛けたことでジャニーズファンにはお馴染みなのではないだろうか。この楽曲を紹介するにあたり、特筆すべきは現在を生きるイマドキの女の子の週末の夜を描いた楽曲であるということ。さて、再びジャニーズファンに問うが“週末の夜”と聞いて思い浮かべる楽曲がないだろうか。ジャニーズ楽曲大賞2014で他と圧倒的な差をつけて1位を獲得したHey!Say!JUMPの「ウィークエンダー」だ(ジャニーズ楽曲大賞が楽曲の優劣を競うものではないことは周知のことだが、「ウィークエンダー」が多くのジャニーズファンに支持された楽曲であったこともまた言うまでもない事実だろう)。「泡沫サタデーナイト!」は「ウィークエンダー」とはまた違った、キャッチーであるがグルーヴを感じるファンキーなディスコであるし、「ウ!たかた!ウ!たかた!」というコーラスや、リズムに「うふふ」と歌詞を乗せる等の天才的かつ変態的なセンスを見せるハロプロらしさが見える作りとなっているし、前述の通り現在のモーニング娘。にもハロプロイズムが継承されていることを示す楽曲だが、楽曲のコンセプトはモーニング娘。’16流の“ウィークエンダー”と言えるだろう。そして「Joy!!」もまた多くのジャニーズファンに高評価を受けた楽曲である。そのような点でジャニーズファンには必聴の楽曲と言える。

 自由でロックな女の子達が歌って踊って楽しそうにしている姿が大好きだ。その様は私にとって希望で、これからも出会った頃と同じまま、ハロー!プロジェクトがそのような集団であって欲しい。だから週末の夜は、永遠にこの楽曲で「きみ」にしか踊れないビートで踊る唯一無二の「きみ」に、恋したいし、これを読んだあなたにも恋して欲しい! 


モーニング娘。'16『泡沫サタデーナイト!』(Morning Musume。'16[Ephemeral Saturday Night]) (Promotion Edit)