感想文としては満点

えんげきとことばあそび

推しをレンタルした

 

  結論から言うと、推しの演出家をレンタルして、オタクたちと旅行をしました。

レンタルに至るまで

 劇団柿喰う客がクラウドファンディングを行うと発表されたのが2021年2月18日。「へぇ〜」と思いながらリンクをクリックしてページをスクロールしていると最後に目を疑う記述が。

■ レンタル中屋敷コース
劇団代表である中屋敷法仁を一日レンタルできるコース。
ワークショップや演劇講座、個人的なお悩み相談でも…?
あなたのリクエストにお応えします!

 レンタル……中屋敷……?????

 中屋敷法仁といえば、劇団の主催として脚本・演出をするだけでなく、2.5次元舞台を含めたありとあらゆる外部の舞台作品も手掛け、人気を得ている売れっ子演出家である。

 かくいう私も、なんせ売れっ子のため全部とは言わないが中屋敷さんの作品は結構な数をチェックしていて、いわゆる「推し」と言ってもいいだろう。そして、私が生涯において1番に愛している作品『熱海殺人事件』の演出も担当したことがある演出家でもある。(参考記事:春、狂い咲く木村伝兵衛 - 感想文としては満点

 とはいえ、突然の推しのレンタルの発表には「10万円出して、8時間も中屋敷法仁と膝付き合わせて何をすれば良いんだ……正しい利用方法がわからない……」と困惑していた。だって一応、彼は裏方の人だから。すると友人から鶴の一声が。「みんなで借りれば良くない?」。「なるほどその手があったか……!」「じゃあ借ります?」と言う話をしていると、次々に「私も参加費出すから参加したい」と参加者が集まり「どうせなら遠出しよう」と話は何故かトントン拍子に進み、「推しの演出家と熱海で大好きな作品『熱海殺人事件』について語り合うツアー」が行われることになった。持つべきは決断力と実行力に富んだオタク友達。

 「熱海に日帰り旅行に行って『熱海殺人事件』について話しませんか」という明らかに怪しい提案に先方がどういう対応を取るのか未知のまま、出来るだけ怪しくないよう苦心しながらメールのやり取りを行ってくれた友人の努力の甲斐あってか、何故かノリノリだった柿喰う客に受け入れられた。諸々の調整して無事に旅行の約束を取り付け、万全の感染対策のもと「中屋敷法仁と『熱海殺人事件』のオタクによる熱海日帰りツアー」が行われることとなった。

我々が最も弱いと言っても過言ではないもの、それは朝。

 推しを1日レンタルするということは、朝から夕方まで一緒に過ごすというわけで、つまり早起きしなければ話にならない。

 演劇業界では夜公演に比べて昼の公演のチケットが売れるのがセオリーらしいが、残念ながらわれわれは揃いも揃って朝に弱かった。やたらと早い時間に始まる昼公演を憎んでいるし、選べるのならば夜公演を選ぶ。そういう人種の集まりだ。

 集合時刻は新宿に9時。出勤か?

 ちなみに新宿集合なのは、『熱海殺人事件』作中で犯人大山金太郎が新宿で幼なじみのアイ子と待ち合わせて熱海へ向かい、熱海の海岸で殺害を行なったことになぞらえている。もちろんだが、殺人の計画は立てていない。

 取られた対策は「点呼を行う」。旅行というより遠足じみてきた。

 f:id:boogiewoogiekun:20220710222208j:image

 当日の朝のLINEは「今起きました」「おはよう」「縦にはなってない」「ななめ」「ゴミ捨てしてきました」「縦になれました!」だった。いかに我々が起きられないかがよくわかる。

そして起きる事故

f:id:boogiewoogiekun:20220710222540j:image

 私(最年少)、やらかす。

 貴重品以外のほぼ全てを置いてきてしまった。そういうやつです、私は。

 ちなみにLINEに出てくる「クリアファイル」とは、浮かれて制作したオリジナルノベルティに当日の予定表を挟み込んだものなのだが、クリアファイルはともかく予定表がないと不便なので先に到着していた友人を朝からコンビニプリントしに走らせる羽目になった。その節は本当に申し訳ない。

邂逅、そして遠足へ

 新宿駅で無事同行のスタッフ、中屋敷法仁、そしてなんとか誰も遅刻せずに集合できたわれわれで熱海に向かうこととなる。

 道中の車内では、まずそれぞれ中屋敷さんに対して自己紹介をした。テーマは「1番好きだった『熱海殺人事件』と俳優の推し」。自己紹介だけでいかに特殊な集まりかが窺い知れる。

 そうこうしているうちに辿り着いた熱海駅では中屋敷さんが熱海駅の看板と自撮りを始めていた。それを眺めるわれわれ。友人のTwitterInstagramに投稿されている若手俳優もこうやって自撮りをしているのだな」というコメントが印象に残っている。「なにこれ……」と思いながらもわれわれも看板を写真に収め、気が済んだところで予約をしていた店に昼食を取りに向かった。

 昼食中には結構キワキワの質問もしたのだが、快く答えてくれた。

 昼食後はメインイベントの海岸を歩き、お宮の松も見学した。

 この日は快晴でとても気持ちが良かった。『熱海殺人事件』には海辺に座った大山金太郎の「アイちゃん、あれがお宮の松ちゅうとよ。」という台詞があるが、実際に訪れてみると、お宮の松は結構海岸から遠く、海辺からは見えないことがわかった。

f:id:boogiewoogiekun:20220710224042j:image
f:id:boogiewoogiekun:20220710224037j:image

 ひとしきり散策したところで、これも予約していたレンタルスペースにていよいよ膝を突き合わせて『熱海殺人事件』についてや、全然関係のない話で盛り上がった。中屋敷さんは、「今までに観たベスト水野朋子は何か?」というわれわれでも考えついたことのない質問を投げかけてきて、われわれに負けず劣らずの熱海愛を披露した。今考えてもこの質問の答えは難しい。

熱海殺人事件』の地軸を変える

 われわれはただの観客に過ぎないのだが、紀伊國屋ホールで観る『熱海殺人事件』が好きなあまりよく制作の将来についてや、未来のキャスティングについて話し合う。オタクの妄想にすぎないのだが、やっている間は楽しい。遠足の間で中屋敷さんにも話に付き合ってもらい、中屋敷さんなりに思うところがあったのか帰りの新幹線で通路を挟んだ私の隣の席でこんなツイートをしていた。

熱海殺人事件』を演じたい俳優さんってどれくらいいるのかなぁ…(僕の演出ということではなく)。

 何人かの俳優や、中屋敷さんのファンがこれに反応していて、それについても主役抜きの後夜祭でああだこうだ話し、楽しんだ。

 そして、来たる春。

 紀伊國屋ホールでは毎年新春の時期に『熱海殺人事件』の上演を行うのだが、発表されたキャストにはつか作品常連の味方良介、同制作の作品に連続出演していた高橋龍輝そして一色洋平が名を連ねた。

f:id:boogiewoogiekun:20220714233114j:image

 叶っちゃった!!!!

 「いつもの出演者も大好きだけれども、新しい顔触れで風穴を開けなければ『熱海殺人事件』はどんどん衰えていってしまう」と言い続けていたら、われわれはついに紀伊國屋ホールの地軸を変えてしまったのだ。

 勿論、キャスティングに関わったとは思い上がっていない。だが、偶然のそのまた偶然が生まれる何か1ピースにはなれたのではないかと思っている。上演された作品も最高の仕上がりで、何度も観てきたはずの『熱海殺人事件』の新たな解釈と可能性を感じた。

 愛してやまない作品の「何か」になれたというだけで、このトチ狂った催しを行った甲斐があったなと思ったのだった。

 『熱海殺人事件』の生みの親・つかこうへいの命日。十三回忌公演も無事に終えたこのタイミングで、熱心なオタクたちによる小さな奇跡の記録を公開しておきます。