感想文としては満点

僕が僕らしいまま君を好きで良かった!

【本日の現場】GEM CLUB II

2018年4月15日 @サンケイホールブリーゼ

 観ていて考えたことは、(任意ではない)推しが出演していると楽しい舞台なんだろうなということだった。(何度も言うが任意ではない)推しがいないことが悔しかったくらい。推しが出てないとつまらないクオリティというわけではなく、好きな俳優が一度に色々やらせてもらえる興行っていうのはなかなか無いからすごく楽しいだろうと思う。

 大阪千秋楽挨拶にもあったように、ダンスや歌がそこそこ出来る若手を集めて満足のいくクオリティとクリエやブリーゼくらいのキャパ感でショーを催すことは現状では結構難しいことなのかもしれない。それこそ、それを多少無理矢理にでも出来る主催って今の日本ではジャニーズ事務所くらいなもんで。いわゆる若手俳優を集めてこれをやろうっていうのはなかなか大変だったろうと思う。若手俳優が出演するだけの舞台なら2.5次元界隈に沢山ある時代だけれども、そこから一歩先のクオリティを求めて、かつ具体的なスキルを積める現場ってありそうでないので日本エンタメ界の光だなと思うし、是非続けていって欲しい興行。

 残念なところがあるとすれば、演出との兼ね合いもあるので難しいところではあるのかもしれないが、若手を育てる/ファンをつける事がGEM CLUBの趣旨であるならば、二部のショータイムで顔や髪型が隠れるような衣装はなるべく控えた方がいいだろうなーという点かな。

 

 多和田さんは天性の人たらしという印象を持つ。何故だかいつもニコニコと楽しそうで、踊りもなんだか「人がいい」んだろうなと感じてしまう。関西弁でベラベラ喋っているのがまた憎い。彼は手も足もすごく長いのにきちんと捌けていて上手いので、すごい。首も長いので表現に幅が出来るのが良いなぁと感じた。

 古田さんのリョーマを見たことがあるはずなのだけれど、その時は個人的にそこまで注目していなかった存在だった。けれども、この公演を観て、彼はなるべくしてリョーマ役を掴み取っていたのだろうなと感じた。何故かというと、彼は(特に舞台の端にいる時の)求心力が凄まじい。小柄な男性だけれども、むしろあのサイズ感で生まれて正解だなと思った。スタイルがよいからという理由で彼の求心力の強さを片されることがないから。ジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川さんがラジオ出演した事があって、その番組での彼の「昔は、アイドルは小さければ小さいほどかっこよかったんだよ」という言葉が印象に残っている。全く根拠がない話だったから彼の好みの問題ではないかとも思っていたのだが、身体的な魅力を、内面的な魅力が凌駕しやすい状態にあるからではないかと考えると合点がいった。ここでいう内面的な魅力というのはパーソナリティの話ではなく、ステージでの在り方についての話だ。媚びが無く、自信があり、俺はここだと言わんばかりのパフォーマンスに何度も目を奪われた。まさしく、あの求心力こそが“スター性”というものだと思う。ショーマンとして素晴らしい才能を持っていると思った。この公演をもって俳優活動に区切りをつけるとのことだが、正直残念に思う。