読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しい偶像理論

見とめたもの全て記録したい

きみに突き抜けるような青い空を見た

2016年8月27日 Summer Paradise 2016 ハシツアーズ〜もうかわいいなんて言わせない〜 @TDCホール 夜公演

 彼の為に誂えられたステージングはまるでジオラマの類いのような精巧さで、完璧に調律されたそれは作品としての矜持を持ち気高く美しい。その完璧さからステージと客席の間には人形を外界から守るアクリルのような隔たりを感じるのに、しかしステージ上部に配置された雲のオブジェ、あるいは彼の歌声にによって突き抜けるような高い高い青空も同時に感じる。青年になりいくらか力強くなった彼の歌声だ。完璧でありながらも「空」という不確定要素を孕んだ「ハシツアーズ」という作品は、青く高い空は、彼そのものなのだと知る。

 彼の四年間、あるいはもっと長いアイドル生活のすべてを集約したようなセットリストは、ポップスも、バラードも、ダンスミュージックも、クラブミュージック調にアレンジされた楽曲も、すべてがちょうどよくセットリストに組み込まれ、その選曲も新しい楽曲からよく知った曲まで、ちょうどよいバランス。けれどどの楽曲ひとつとっても過去のものそのままなわけではなく、“もうかわいいなんて言わせない”の文句は触れ込み通りだから感心した。ちょうどよいサイズのハコのちょうどよいくらいの距離感にある座席でちょうどよいそれを観て聴いた。“ちょうどよい”はこの世でいちばん心地よい感覚かもしれない。その心地よい空間の中で彼の奔放さと、彼がこのコンサートへ込める想いだけが多過ぎるくらいにあった。未来を感じる。

 「かっこいいって言ってもらいたい」と語った彼のこのコンサートへの思いはこの作品においてのみの特別なものではなく、彼は、いつもそうだ。愛にあふれたひとだとおもう。たぶん私たちだけでないひとから受けた愛をもぜんぶかえしてくれる。そうやって輝くひとだ。彼がもっとおおきくおおきくなる時も、それでもなお“ちょうどよい”作品と、少し大きいくらいの奔放さと、溢れんばかりの愛を届けてくれたらいいのになあとおもう。退かず、媚びず、そして少しだけ顧みて欲しいなあ。