正しい偶像理論

見とめたもの全て記録したい

壽新春大歌舞伎

2016年1月5日 「壽新春大歌舞伎」昼の部 「鳴神」「枕獅子」「らくだ」@大阪松竹座
 初めての生の歌舞伎。歌舞伎って演目によるけども、観劇するだけならばズギャーン!ドーン!わーいたのしーい!みたいな雰囲気で楽しんで良いらしいと聞いたので気軽に観に行ったのだけれど、ケチって3階席を選んでしまったのでその辺りをイマイチ体感しきれなかった。またチャレンジしたい。

 「らくだ」は市川中車こと香川照之が出演していたのだが、個人的には楽しめたのだが、演目のせいもあってか、演劇を観ている感覚だった。歌舞伎ファンによると歌舞伎は日本舞踊の動きが取り入れられてるので独特の間があるそうなのだけれど、中車は歌舞伎役者としてはまだ日が浅いのでその辺りが身に染みついてはいないらしい。演目自体が落語を元にしたもので、落語らしく登場人物が愛嬌たっぷりで可愛らしく、笑えたし、楽しかった。