感想文としては満点

えんげきとことばあそび

当ブログについて

紀伊國屋ホールを偏愛している演劇オタクのブログです。

筆者:かちん(かちん (@loveholiday128) on Twitter

 

観劇した作品について独立した記事を書いた場合には本日の現場 カテゴリーの記事一覧 - 感想文としては満点に、その他の作品も全て月毎に 観劇まとめ カテゴリーの記事一覧 - 感想文としては満点 で纏めております(2019年〜)。

 

ご連絡や質問等あれば、お題箱 https://odaibako.net/u/loveholiday128Twitterでのリプライ、DMなどでお気軽にどうぞ。基本的にお題箱の返答はTwitterで行います。ハッシュタグは #かちん箱。

 

プラボはこちらです。よしなに。

kachinのプロフィール | カジュアルギフトのgiftee(ギフティ)

Amazon CAPTCHA

 

8月の観劇まとめ

 お盆休み〜愛知遠征が身体的にとんでもなくつらかったので、本格的に体力作りしていかないといけないと感じた。気持ちにも余裕がなかったことを自覚しているので反省している。超楽しかったけどね!

 

舞台「奇子

@サンケイホールブリーゼ

0803昼/0803夜/0804

 三津谷エキサイトコーナーこと「極東軍事裁判ごっこ」が8月3日に最高潮までエキサイトしたものの、8月4日千秋楽に基本に立ち返ったのが印象的だった。

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学VS立海

@メルパルク大阪

0810昼/0810夜/0811昼/0811夜/0812

 結局大阪楽のチケットを持たずに劇場に向かったが、何とかなった。俺はテニスにしがみつく。

 当日券列の長さがとんでもなかったので大変ビビった。

@豊田市民文化会館大ホール

0817昼/0817夜/0818昼/0818夜

 近くの鰻屋さんが休業だったため(正確には8/17は閉店しており、次の日は休みであることを教えてもらった…)鰻チャレンジ失敗した。悲しい。後編は必ずひつまぶしを食べる。

 ミスは目立ったもののげんいちろうくんの演技が日に日に良くなっていた。流石にテニミュ3公演目ということもありカバーする力があって、そこも良かった。

 

 来月は「絢爛とか爛漫とか」、再来月は「売春捜査官」が楽しみ!

7月の観劇まとめ

 テニミュ奇子とを交互に通うのは大変疲弊した。充実はしていたんだけどね…!思わず多ステ厨卒業が頭を過った。

 とりあえず、息切れはしたので下半期はゆったりと観たいものを観たい。もう下半期だよ、ヤバいよ。

 

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学VS立海

Tokyo Dome City HALL

0711/0713夜/0721昼/0721夜

 初日の出来が信じられないほど悪かったので劇場でも鳥貴族でも散々「これに定価払いたくない」だの「関東立海をもう一度やれ」だの喚き散らしたのに、2日後にもう一度観たらびっくりするほど良くなってるどころかまるで別物になっていたので拍子抜けした。何かが決定的に悪いとかではなかったはずなのに、舞台って不思議。

 まだまだ公演は続くので感想は後々に。

舞台「奇子

@水戸芸術館 ACM劇場

0714昼

紀伊國屋ホール

0720昼/0720夜/0727昼/0728

 流石に「奇子」の感想は単発で上げたい。良かったです。

2019年上半期ベスト作品

今週のお題「2019年上半期」

 去年のまとめを上げていないのに2019年の上半期が終わってしまった…。後日こっそり上げます。

 今年は今のところ観劇する作品の数は多いが種類がとにかく少ない。特に新作を全く観ていない。下半期もその予定なので困ったものだなと思うのだが、多ステ厨は不治の病なので改善しようがないのであった…。

 作品をまとめると下記のリストのようになる。

  • ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学VS四天宝寺(22)
  • 美少年(1)
  • MEMORY BOYS〜想い出を売る店〜(1)
  • 怜々蒐集譚 キノドラマ(1)
  • MANKAI STAGE『A3!』AUTUMN&WINTER(2)
  • 舞台「仮面ライダー斬月」鎧武外伝(2)
  • ミュージカル ロミオ&ジュリエット(1)
  • 熱海殺人事件 LAST GENERATION46(5)
  • 銀幕の果てに(1)
  • ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン TEAM Party SHITENHOJI(4)
  •  

 さて、本題の2019年の上半期ベスト作品は「銀幕の果てに」です。

 非常にイマココ性が強い作品だったため、「2019年上半期の」ベストにはぴったりだと考えた。作品のテーマもさることながら俳優陣も「今、この瞬間、この作品でここに立つべき人」によって構成されていたところが非常に演劇的で面白かった。もう一度観たいが、同等以上のクオリティのものはもう二度と観られない気がする。それが非常に悔しく、嬉しい。

 感想は以前に記事にしたので是非。

【本日の現場】春のつかこうへい復活祭Vol.2「銀幕の果てに」 - 感想文としては満点

 次点で「熱海殺人事件 LAST GENERATION46」。

集大成的な完璧の出来栄えだっただけに、来年以降の公演は無いのではないかという考えが過ぎり、月に一度は不安でたまらなくなる…。

 だが、この出来栄えにもってきた今泉佑唯の才能に、佐藤友祐の努力に、石田明の優しさに、味方良介の思考に、今一度拍手を送りたい。