感想文としては満点

僕が僕らしいまま君を好きで良かった!

【本日の現場】Take Me Out 2018

2018年4月12日夜公演 @DDD AOYAMA CROSS THEATER

 目の前で10人程度の男がズボンや靴下やシャツを脱いだり、着たりを繰り返す。その合間に織り込まれる個々の信心、それに伴って思い描かれた偶像、あるいは差別(差別というものはつまりは人としてこうあるべきとする信心の規範から外れた人間を受け入れられない懐の狭さから起こるものだ)。ある瞬間に2つの気付きがあるまでは、ひたすらに地道で濃密な哲学の時間だった。単調なシーズン中の試合進行の合間に様々な種類の傲慢さが交錯し、その単調さ故にそれは他の演劇よりも色濃く感じた。

 人とはかくあるべきであると理想を掲げる人間の信心は傲慢であるが、同時に他人のそれは当人以外の総てを侵食しながら傲慢ではない人間など存在しないと教えてくれる。人は誰しもが無自覚に傲慢であり、それを定期的に思い出しては自らを律することでのみ美しく生きられると私は考えている。哲学とは、己が美しく生きる為にいかに生きるべきかを見直すことだ。

 私は味方良介という役者から発せられる言葉の説得力を愛している。彼から発せられた言葉――彼が持つ声で、存在で発せられるもの――はまるで何もかもが正しいみたいに思えるほどの説得力を持つ。暴力的なほどの彼の正しさは、しかし彼の技術の裏付けでもある。それを見るたびに、板の上に立ち、戯曲を口にするために、演劇をやるために生まれてきたような人間だとつくづく感じる。キッピー・サンダーストームに彼を据えた事は、そんな彼の役者としての性質を逆手に取った効果的な手法だと感じた。彼の発する言葉の総てに信用性がなくなった瞬間――彼の持つ正しさの中に潜む傲慢さを暴かれたとき――まるで神様みたいな顔をしたキッピーが、人間に退化した。そのことに気付いた時、この演劇の、展開の調和が乱れたように思う。

 反対に、神様から人間へと“進化”したのがダレンだろう。序盤の、周囲の期待を一身に背負っても歯牙にも掛けないでいられるダレンの態度はまさに神様のようだった。あの堂々たる体躯であのような態度を取られたらどんな人間だって彼を神格化せざるを得ないはずだ。メイソンは私みたいな人間で、どのような点でそのように感じるかというとつまりはこういうところだ。あらゆるものに意味を持たせて期待したり、「君は私のようだ」と言って自分から切り離された物質について解った気になる点だ。傲慢で愛らしい。しかし、その傲慢さをダレンはそれを許した。メイソン(とキッピー)が持つ傲慢さを。ダレンが神のような大らかさではなく、愛をもってして許したと知った瞬間、ダレンは私にとって、あの舞台上で誰よりも人間らしく愛おしい存在に変わった。あのいけすかない革のジャンパーを羽織った男をこんなに愛おしく感じた瞬間がこれまでにあっただろうか。

 結局、ダレンはデイビーの言う通り自分を曝け出し魅力的な人間として愛する人に愛されたのだ。最後に勝ったのは、やっぱりダレンだった!

 きっと観るたびに発見がある演劇なんだろうし、それをしてみたいとも思うのだけれど、なんとなく自分というものを崩されてしまいそうでこわい。そんな演劇でした。

 

“みんなダレンの事が好きだった。まるで、自分がダレンを作ったかのように。”

暇つぶし

 比嘉が始まるまでの自分が何をして過ごしていたのか全く思い出せなくて、ただひたすらに暇だなと思いながら日々を過ごしています。何を考えて生きていたんだろうか。あるいは何も考えていなかったんだろうか。ただひたすらに、脳内が虚無で苦痛だ。

 まだ25ページくらいしか読んでいないんですけど、今読み進めている本の内容が興味深かったのでメモしておく。

 自分の身体というものは自分にとって正しく知覚することが出来ない“もっとも身近な未知の領域”であって、だから触ったり触られたり酔っぱらったりすることは気持ちいいらしい。本来知覚できない自分の輪郭を知覚出来るから。わからないものの断片を知ることが出来るので不安が和らぐわけだ。で、病いや痛み、あるいは身体の変化もまた受動的に受け入れるしかなく突然襲ってくるもので、これもまたわたしたちを不安にさせるひとつであり、その病いや痛み、あるいは身体の変化をなんとかどうにかこうにかやり過ごして折り合いをつけていく経験が女性に“カンロク”をつけさせるのではないか、と筆者は考えているらしい。わかる。なんか昔から女体ってすごく苦手で。実際は脆いのがわかるから怖いのかもしれない。強い圧をかけるとパリンと割れてしまいそうで、中身はすごくグロテスク。っていうイメージ。子宮とか安いレバーみたいなイメージがあって、キモい。大事にしなさいって言われる割には子どもが入るくらい伸びるのとかもこわい。脆いのか強いのかどっちかにしてほしい。子宮の絵も苦手で、授業中に気持ち悪くなっちゃって気がついたら気を失ってたこともある。フィジカルの強さ、憧れるな。筋トレしよう。

 なんかこういう話を好きな男としたいな、と「グレイテスト・ショーマン」の序盤に考えていて全然集中してなかった。5分くらい経ってからはちゃんと集中してたし、観ながらずっと泣いてた。よくわからないけど世間一般の人間が感動して泣く映画は全然泣けないのに、抑圧されてる人間を見ていると泣いちゃうのでそういう意味ではすごく泣ける映画でした。

 ちなみに本のタイトルは「最後のモード」です。本当に暇にしているので、気が向いたらリンクに貼っているお題箱になんか投げてください。

【本日の現場】Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project 2018 WINTER ~FULL SCORE~/〜PERFECT SCORE〜

2018年1月21日〜1月22日 計3公演 @オリックス劇場

 ハロー!プロジェクトのメンバーが一堂に会するハロコン、特に好きなグループが少ないとどうしてもセットリストによっては全然楽しめなかったりするわけだが今回は残念ながらどちらかといえば楽しめなかった方だと思う。残念。ただ、自分の精神状態によっては可愛い女の子がズラッと並んでいるだけで嬉しくて泣いたりもするのでもはやセットリストは関係ないのかもしれない。定期的に自分を写す鏡みたいなもの。それを差し置いても20周年ということで黄金期にファンをしていなかったわたしとしては構成がつらかったが、20周年記念と銘打っているわけだし今回つまらなく感じたことはある程度は仕方のないことなんだろうな。

 「ミニモニ。じゃんけんぴょん!」なんかはこれから生きていく先でもコールしないだろうし、するとは思ってなかったので素直に楽しんだ。「昔、ミニハムずのアルバムが家の車に乗せられてたな」とか思い出したり。トップアイドルって世の中すべての人間の生活に寄り添っていたりするんだよね。素直にすごいと思う。

 ガタメキラが楽しくて、るるちゃんが好きな自分を嬉しいと思った。「VIVA!薔薇色の人生」は最高。朋子のことはずっと好き。

 最終的にベリキューつんくちゃんはすごいという結論に落ち着いた。

 

 

2018年3月2日 IVVYのインストアライブを観に行ったのですが、1つ記事を上げるほどではないかなと思ったのでここに書いておきます。

 楽しかったー!千里セルシーくらいしかインストアライブに行った記憶がないので、普通にスタスタ通路歩いてステージまで来るのが面白かった!

 すこぶる顔が綺麗な人間とCD2枚で10秒握手出来ます。2〜3往復くらいは会話のラリーが出来る。

劇場空間におけるある種の共犯関係について

 この記事は、特定の演出に関して不信感を持った方に対して批判をする意図や言論を弾圧する意図はなく、また特定の演出家の肩を持つ意図もない記事です。

 観客が物語に介入することが出来る点が演劇の魅力の一つだと思う。勿論なんでもかんでもその場でアクションを起こして物語の進行を阻んでいい訳ではない。演者に気を使ったオタクがやたらと大きい拍手をしたり大声で笑ってあげることを好ましくは思わない。しかし演劇は観客とともに同じ空間で同じ時間を共有することで始めて完成するものだ。映画の素晴らしいところはスクリーンに全ての答えがありそこに完璧な世界が作られている点だと考えているのだが、逆に演劇は観客が完全なる傍観者でいられない空間の共有性、そしてその場の空気や感情の起こりによって表現と解釈に揺らぎが生まれる点が愛おしいと思う。劇場空間において演者と観客との間にはある種の共犯関係が成立するのだ。

 特に「熱海殺人事件」ではテレビやインターネットでは容易に発言出来ない、言ってしまえば炎上間違いなしと思えるような時事ネタを含む発言が飛び交う。その台詞を演者が口に出来るのはひとえにキャパシティ418名の紀伊國屋ホールという閉鎖空間だからこそであるし、そこに集まる人間と演者との間にある種の共犯関係が成立しているからだ。演者がこんな発言をしていたとインターネットに書いて炎上させてしまうことも容易いが、それをするかどうかは個人の裁量に任される。実際、際どいところまでレポートしている観客はほぼいないのではないか。それは、この作品もしくはそれを演じた役者に対してあるいは演劇そのものに対して思いやりや愛を持っているからだ。観客がその空間を共有しているという当事者意識を持っているからだ。それが劇場の中で起こった事件でしかないしそれを外部に漏らす必要がないからだ。

 確かに演者が観客にキスをするという行為は様々な問題のある行為なのだろうと思う。不快感や不信感を抱く人間がいてもおかしくはない。座席の販売方法についても批判が起こることも理解できる。しかし少なくとも、ある特定の演出に関して劇場に足を運んでいない人間がインターネットで批判することはかなりナンセンスなことだと思う。目にした情報について口出ししてしまいたくなる気持ちはわかるし、私自身も自分でも気付かないうちにやってしまっているのだろうが、ましてや普段は劇場に足を運ばずにファンを名乗る「茶の間」に対して批判的なアカウントがそのようなことをするのは恥ずかしくないのかとすら思える。

 個人的には戯曲に書いてあるままの演出であるし、下手に抱きしめるだけだとかそのようなぬるいとも言える演出に変更してしまえば、それは劇場で起こそうとした事象や感情をただのファンサービスに変えてしまうことにもなるだろうと思うのであれでよかったのではないかと考えている。