感想文としては満点

僕が僕らしいまま君を好きで良かった!

【本日の現場】Coloring Musical「Indigo Tomato」

 私にとって青は特別な色だ。未来とか、希望だとかは青い色をしていると思う。好きな色で、好きな人の色。五関くんの色、青学の色、そしてマーキューシオ様の色!そんな色をまた平間くんが纏って、ワクワクした顔をしていて、それを見られてとっても幸せな気持ちになった。彼の楽しいって顔がとても好き。

 母に捨てられ、弟を頼り生きてきたサヴァン症候群共感覚の持ち主の青年タカシの物語。私はこれを「いかに自分らしく生きられるか」を主題にした物語と解釈した。結局は自ら切り拓いていくのみだけれども、周りの応援は十分条件かなと思う。キッカケにすぎないけれどキッカケというイベントはすごく大事。抑圧されている人間がしがらみから解放に向かってゆく姿にはえもいわれぬ美しさがあって、魂が震えて涙をツーッと流してしまう。美しさを感じている時点で「共感」ではないのだけれど、この感情を現時点で私は「美しさ」としか表現出来ない。

 偏見を持たれやすい病が題材にされてはいたものの、過剰に哀れみを向けられたものではなく、かといって過剰に持ち上げるようなこともせず、その点に関して真摯さを感じた。ただの特性であって、それ以上でも以下でもない。私は平間くんの身体性が好きであるから、サヴァン症候群特有の挙動を演じる彼を見て彼により惚れ込んだ。感情よりもっと深いところから滲み出る動きは、身体性のない人間にはとても難しいと思う。

 身体表現が群を抜いて得意な俳優として彼のことが大好きだから、クライマックスのタカシが一番輝くシーンで表現として選ばれた手法がダンスだったのが嬉しかった。

 「私は好き」「僕は好き」という言葉があたたかくて、私は好き。他を貶めずに個を大事にする事はすごく大事なことだと改めて感じた作品だった。

最近は大体死んでいます

 私生活が忙しい。スケジュール的にはそこまで予定が詰まっているわけではないのだが、精神的につらい。早くこの生活が終わればいいのにということばかりを考えている。推しの舞台の初日も観られず気が狂っているし。絶対に気が狂うので、今後は絶対になんとしてでも初日は観劇すると心に決めた。

 そんな感じなので抵抗力が弱まったり、ストレスが溜まった時に出る病が次から次へと襲ってきている。ひとつひとつ対処しているものの、あっち立てればこっち立たずという状態である。元々小中高とほぼ皆勤賞の健康優良児だったので、体調が悪い時にどうしたらいいのかというノウハウがなくて困る。規則正しい生活と週に2、3度の適度な運動は生きるために必要だったみたい。

 今年の目標は観劇したらひとつひとつ感想エントリを上げることで、今のところ達成しているのだが最近少しずつ溜め込んできている。満身創痍だから当たり前なのだが、漫然と観てしまっている気がして悲しい。なにより悲しいのが段々と舞台そのものというよりも、俳優の評価にシフトしてしまっていること。感情が動かなくなってきているのか、感想というよりも評価ばかりを口にしてしまう。なんだか偉そうだしそうならないように努力したいが、どうも、感受性のアンテナがイカれてしまっている。情緒は常にアレなのだが、生きてる実感を得られるほどの感情の動きに出会えない。そこそこ楽しい瞬間はあるものの、大抵の時間は死んだも同然でつらい。虚無顔でキャンディクラッシュするか、ツイッターをするかしか出来ない。適度に舞台を観ている以上、エンタメは享受しているはずで、これ以上どうしていいのかもわからないのでとりあえずリハビリとしてこのエントリを上げます。エーステまでにはどうにかこうにか、なっていますように。

【本日の現場】“テニミュ”の心象風景としての「Dream Live 2018」

 正直、Dream Liveの存在に対して少し懐疑的なスタンスを取っていた。コンサートを観たいならアイドルのコンサートを観ればいいと思っていた。役者が、「テニミュ」が、ライブをする意味とは?幕が上がるまでずっと考えていた。普段舞台を多く観ている人が集まるコンサートは盛り上げるのが難しいことも、私は知っている。

 モニターに映し出される「Dream Live 2018」のメインビジュアル、出演者それぞれの写真。観客は思い思いに愛称で名前を呼ぶ。ここまでは家で観た「Dream Live 2017」のBlu-rayと流れは同じだ。1曲目のイントロが流れ出し、ペンライトを振り始める。皆がキャストの登場を心待ちにしている中、真っ黒のモニターは白い文字でこう告げた。「ようこそ!」そして、「歌って!」。狂ってる!そう思った。客席から崩れ落ちそうになるくらいゲラゲラ笑った。まるでカラオケのように、相変わらず真っ黒のモニターに映し出された「THIS IS THE PRINCE OF TENNIS」の白い文字がリズムよく青に染まってゆき、観客はそれに合わせて歌い始める。演者が登場する前に観客に歌わせるライブは初めて観た。どう考えたっておかしいが、考える間もなく私たちは何度も何度も繰り返し歌った。「THIS IS THE PRINCE OF TENNIS」、「THIS IS THE PRINCE OF TENNIS」、「THIS IS THE PRINCE OF TENNIS」………。何度唱えたかわからなくなってきた頃ようやくテニスボールが無数に跳ぶ演出と共に「ありがとう!」という言葉が表示された。謎の達成感が湧き上がった。そして、再び破顔。今考えると、あれは、「テニスの王子様」の夢を楽しむための魔法の呪文だったのかもしれない。

 ノウハウがないからこそ、演者もスタッフも楽しんでるのがわかった。演者が歌う前に客に歌わせる演出を皮切りに、「負けることの許されない王者」で三強の立つステージだけせり上がってすぐに下がるのも、キャストがキャストに紙吹雪を撒くのも、悪口を大声でコールするのも、今まで見たことなくて可笑しかった。でもそのおかしさが心底楽しい。「アリーナなんて滅多に使えないし、なんでもやっちゃえ!」みたいな勢いが楽しくて、愛おしい。テニミュのドリームライブ、ずっとデビューして1〜2年くらいのジャニーズみたいなライブしてるんじゃないかと思う。あくまでもいい意味で、ずっと狂ってる。

 さて、「テニミュ」がコンサートを、ドリームライブを開催する意味とはなんだったのかという話に戻る。

 目の前に繰り広げられる景色を見て、最高に楽しみながらもどこか、白昼夢を見ているような奇妙な気持ちに陥っている自分もいた。「ドリームライブ」とは、誰が見た夢か?

 加藤将と井澤巧麻が演じたからこそ博士と教授のダブルスは復活を果たしたし、田鶴翔吾演じる真田弦一郎だったからこその「無我の境地」の演出だったし、3rd比嘉中だったからこそのラップだった。制作側からは、本公演時から既にこういう風景が見えていたように思えてきた。「ドリームライブ」とは、『テニスの王子様』の本編とは違った方向へ進む物語であり、しかしそれは無秩序で無関係に存在するわけではなく、観客含めミュージカル『テニスの王子様』に関わる全て、“テニミュ”という集合体が見た心象風景なのではないか。そんな夢想をしてしまうほどの人間の気配を感じた。意味とか意義とかでなく、そこにあった風景は確実にあった“未来”のような気がする。

 

 

 青学9代目、六角3代目のみなさん、卒業おめでとうございました。このカンパニーが大好きで、大切だって気持ちは一生忘れません。最高の“未来”を見せてくれて、ありがとう。

「テニミュ」とわたし 〜9代目青春学園中等部男子テニス部卒業によせて

 キャスト、スタッフ、そしてファンに至るまでDream Live2018に関わった全ての皆様、千秋楽おめでとうございます!そして、9代目青春学園中等部男子テニス部の皆さん、ご卒業おめでとうございます。本当にお疲れ様でした!

 キャストもスタッフもファンもみんな輝いていて、ずっと楽しくて、こんなに幸せなことがこの先の人生で訪れるのか心配になるくらい、幸せな気持ちにさせてくれる素晴らしい興行でした。ドリライが終わって数日は毎日、思い出しては泣き出しそうになっていたけれど、それは幸せだからで、そんな気持ちにさせてくれるDream Live2018の演者のみんなが大好きです。

 思えば、私は「シャカリキ・ファイト・ブンブン」を踊りたいがためにメルパルク大阪に出向いただけの演劇ファンだった。当時わたしは木村達成のファンで、ファンクラブにも入っていた。ある日彼のファンクラブ会員だけが読めるブログに「シャカリキ・ファイト・ブンブン」という謎の単語の羅列とともにやけに楽しそうな文章が綴られていた。調べてみるとどうやら「テニミュ」の曲らしい。ふと、彼の原点である舞台を観てみたいと思った。

 初めての「テニミュ」はプレイガイドを覗いて、インターネットでいい席が当たるらしいと知った当日引き換え券を購入して、窓口で1階の通路の後ろの席のチケットと引き換えてもらった。せっかくの通路席だったけれど、初めてのわたしには楽しみ方が分からなくて目の前をキャストが歩き回るのをただ眺めているだけだった記憶がある。手を差し出してハイタッチをしてもいいんだってことさえ知らなかった。

 それでもなんだか楽しかったから、幕間にテニミュの公式サイトを開いて名前を調べたダンスが上手い赤いハチマキの人、佐藤祐吾くんのブロマイドを帰りに1セット購入した。この時はまだ、こんなに長い時間彼のことを観続けることになるとは思っていなかった。劇場を出てすぐに次の公演もまた再びメルパルク大阪に出向くことも決めていた。「シャカリキ・ファイト・ブンブン」にはいたく感銘を受けてそれに対する熱い思いをぶつけたブログも書いた。

 六角公演は、初めて青学の入学、卒業を見届けられるのが楽しみだなあと考えながら観劇していた。初めて観た9代目の印象は不二周助役の定本くんが綺麗だということくらい。線が細くて、少女漫画の登場人物みたいで、長く伸ばした茶髪がよく似合っていると思った。ただ、みんなかっこいいけど、歌もダンスも特別心を奪われるということはなかった。そういえば、この頃は宇野さんの大きな瞳が苦手だったかもしれない。

 気持ちが動いたのは立海公演だった。「待っててくれ桃城」を聴いた時、この人を応援しようと思った。私は「テニスの王子様」を読んだことがないから関東大会立海戦の試合の流れも結果も知らなかったけれど、彼の歌声が力強くて、海堂薫の底力を感じて、この人は絶対に這い上がってくると確信した。試合結果には繋がらなかったけれども、試合中にメンタルを立て直した海堂くんをかっこいいと思った。

 六角/青学TEAM PARTY。キャストのことをきちんと知ろうとしたのはこの辺りから。加藤将の破壊力が凄まじいことを知る。ずっと楽しかった。

 比嘉公演。人生で一番通ったし人生で一番楽しかった期間だった。9代目のことがもっともっと好きになった。最後の最後で更に好きにさせるからズルい。

 9代目青学のみんなは卒業したけれども、私は9代目のみんなが大好きだから世界中に愛されていて欲しいと思っているので、それぞれが様々な場所で活躍してそれぞれにファンが増えると思うとすっごく嬉しい。一ファンとして、どこへ行っても愛されて欲しいと願うばかり。心の底からそう思っているし、そう思わせてくれるみんなが誇らしい。みんななら絶対世界中から愛されるって確信してる!そして私もみんなのことを愛してる!一生みんなのこと、みんなのことを大好きだったことを忘れないでいたい。

 そして、10代目。9代目青学のファンとして、阿久津仁愛のことを超応援しているし、10代目青学にも頑張ってもらわなきゃ困る。まぁ、阿久津仁愛は最強だし、そんな仁愛がいる青学が負けるわけないよなとも思う。ささやかながら、応援しています。立石俊樹と阿久津仁愛の頂上対決、楽しみだなあ!