正しい偶像理論

見とめたもの全て記録したい

熱海殺人事件 NEW GENERATION

2017年3月2日 @紀伊國屋ホール

 「熱海殺人事件」を観るのは約四年ぶり二度目。私はこれを観て“演劇”を知ったと思っているので、自分の中で観劇スタイルだとか演劇への想いの様相が変わってきた今のタイミングで観られたことが嬉しかった。久しぶりに観た熱海が前よりずっと楽しめたのも嬉しい。それはもちろん前の方がつまんなかったとかではなく、自分の中でのよい変化の話。

 まりおくんの金ちゃんは、前回に観た戸塚くんの金ちゃんよりも真面目で、普通で、しかし切実な青年で、特にアイ子と熱海の海にいるシーンなんかを戸塚くんはもっと愉快でピエロみたいに演じていたから驚いた。錦織戸塚版がかなり戸塚くんに寄せた特殊な設定になっていたのは知っていたけどそれを置いても“大山金太郎”から受ける印象にかなり差があったので、その差はかなり面白かった。「まりおくん」のイメージは「菊丸英二」とか「三日月宗近」なのにここでは、すごく、「普通」なんだ、みたいな面白さも含んでいると思う。戸塚金ちゃんの方が(比較すると)2.5により近い印象を受ける。失礼を承知で言うと、演技を観て、まりおくんってこんなに演技に対して真摯な俳優なんだなと驚いたしかなり好印象だったので、その普通の青年の感じがまりおくんが演るべき金ちゃんだったんだろうと思う。金ちゃんの素朴さとまりおくんの芝居への実直さが重なって見えた。多和田くんも、お笑い的な意味じゃなく、すっごく面白い俳優で、それなのに変に華があるのが更に面白みを引き立てていて、良かった。もっと板の上で活躍しているところを観たい。

 前回観たのもつかこうへい死後の、錦織一清版だったので観客側としての“NEW GENERATION”の要件は満たしていると思うんだが、だからこそ今作のどこが“NEW GENERATION”だったのかと言われると答えるのが難しい。ここはニュージェネらしいところかなと思ったのは、わかりやすさとドライさ。わかりやすさに関しては、若者でも理解しやすいものになっていたという意味で、ドライさに関しても突き詰めていけば「わかりやすさ」なのかもしれない。これまで何作か つか作品を観てきて、キーとしてあったと思うのが人間の愛が起因のどうにもならないめんどうくささ「愛ゆえに他人に嫁を寝盗らせる」だとか「愛ゆえに自らが原爆を落としに向かう広島へ恋人を向かわせる」だとかそういう、他人が理解し得ない愛情がそこにはあった。全部錦織一清演出のものなので、錦織さんのつか作品観がそうなんじゃないのって言われたらそれまでなんだけれど、今回はそういうめんどくさい愛は感じなくて、もっと理屈があってそれが若者のドライさを表しているような気がした。

 激しい偏見・罵倒、そして下衆な下ネタはつか作品には散見されるもので、「熱海殺人事件」も例に漏れずそういうものが多い。そういうものを全て許容しようとは思わない。だけど、私は「熱海殺人事件」が好きだ。いつも心に太陽を持ちなさいという言葉に、私は愛を感じられずにはいられない。「熱海殺人事件」には、心に太陽が灯る瞬間が確かにあるから、私はこれが好きなんだろう。ラストの眩しいライトに照らされるシーン、そのライトの熱さと目も開けられない眩しさが太陽のようで、その熱で全部灼きつくして、心も身体も浄化される感覚に陥って、その後にはこの作品への好意だけが残る。この太陽っていうのは伝兵衛の、ひいてはつかこうへいの心の中にある愛なんだろうと思う。

Dステ20th「柔道少年」

2017年2月25日 @ABCホール

 今まで生きてきてほとんどD-BOYSという集団に触れてこなかったし、特に今在籍している人たちに関してはほぼ情報がない状態での観劇だったので、内輪ネタの多さに戸惑って居心地の悪さを感じていた上に、津軽弁の聞き取りにくさが余計に疎外感を感じさせるので、序盤は少ししんどかったが、気付いたら全ての登場人物を知らぬ間に応援していて、「頑張れ、頑張れ」と心の中で唱えていた。隙だらけなんだけれども、そこが愛おしく、応援したくなる。そんなかわいいひとたちの物語だった。Dステ特有の空気感みたいなものがそうさせたところもあるんだろう。ここでしか観られないものを観たな、と思った。

 しかし観劇中に立ったのは生まれて初めてかもしれない!ミッチェルかわいいよ、ミッチェル。

「ロミオ&ジュリエット」

2017年2月23日昼公演 @梅田芸術劇場

 古川ファンのお友達にオススメされて観に行きました。おかげで夏の現場が大決定してしまった。オススメしてくれてありがとう〜らぶ。古川さんは生で見るとなおのこと頭身がバカですね。

 つまらない人間なのでロミオとジュリエットのロマンスにはあまり興味を示せなかったのだが、モンタギュー家のすべてがだいすきすぎた。群舞がもうめちゃくちゃに好き。ヤカラ具合が絶妙。そして愛しのマーキューシオさま…♡

 平間さんの細やかな演技がとびきりキュートなところ、ダンスが軽やかなところ、踊ることを自然としてしまうミュージカルをすることへの説得力を持たせるダンスへの入り方、なにより踊るのが楽しくて楽しくて仕方ないんだと雄弁に語る踊りが大好きになって、つまり、これは、ひとめぼれです。マーキューシオさまはたぶん、壮一くんと生きるのが楽しかったと思うんだ。

Hello! Project 2017 WINTER

Hello! Project 2017 WINTER ~ Crystal Clear ~ 2017年2月18日昼公演/Hello! Project 2017 WINTER〜 Kaleidoscope 〜 2017年2月19日

 よかったところをかいつまんで好きに書く

 オープニングで嗣永さんがセンターに来て、「スッペシャルジェネレ〜ション」冒頭の煽りしているのを観て震えるくらいに感動した。しかしあんなに彼女を美しく送り出そうとするハロコンを観ても彼女がアイドル以外の存在になるというのがいまいち、わからないでいる。

 やっぱりわたしは様々なかわいいかわいい女の子たちの中で、格別にJuice=Juiceが好きで、そのだいすきという感情と、更にその5人がみんな歌がうまくて、かわいいということが震えるくらいにうれしい。みかんでJuice=Juiceが「せーのっ」ピョンッて5人で一緒に段差降りてたのなんて、可愛くて愛おしくて仕方なかった。贔屓目なのは承知の上だけど、℃-uteが抜けた今、体制を変えずに“グループとして”ライブに挑んできたキャリアはハロプロ内で一番長いわけで、ライブへの“慣れ”を感じたし、そこは誇りにしていていくべきだと思った。

 しかしハロコンに来て気になるのはやはりニューフェイスで、つばきファクトリー「初恋サンライズ」は隣がジャンプしてビクッとなるまでがセットで楽しい。2回目のサンライズに慣れない。いい楽曲もらってデビューしたね。おめでとう。希空ちゃんに不思議な魅力があるなと思っている。

 そしてなんといっても!今回のハロコンで一番魅力的だったシャッフルソングは「バラライカ」!!!牧野梁川小川谷本小野っていうドストライクきら☆レボ世代でのきら☆レボ楽曲に挑戦したハロプロ新世代の頼もしさを感じた。この選曲の何がアツいかって時代が時代ならば絶対にまりあんらぶりんさんが月島きらりを務めていただとうという確信を感じることが出来ること。牧野さんは本当に頼もしい。

 頼もしさといえばこぶしもめちゃくちゃ頼もしくてよかった。アルバム曲すごくよい。