感想文としては満点

僕が僕らしいまま君を好きで良かった!

原石はどんな夢を見るか

2018年9月17日 メタルマクベス disc2 @IHIステージアラウンド東京

 いかにIHIステージアラウンド東京の座席で回ることが楽しいかだとか、いかに「メタルマクベス」が面白いかだとかを書こうと2ヶ月ほど考えていたのだけれど、結局わたしは原嘉孝くんが素晴らしい芸人(ここでいう芸人とはお笑い芸人のことではない)であるかということしか語れないような気になったのでそれを記しておきます。あともう一度くらいは回りたいので、どうにかネルケプランニングはステアラ最後の年を抑えてくれ。

 

 原嘉孝くんについて私が持ちうる情報は多いようで少ない。彼のことを認識してから4〜5年は経っていると記憶しているが、彼が踊っている(あるいはドーベルマンの格好をしている)姿しか殆ど見たことがない。尾上松也のファンより、大原櫻子のファンより、少しだけ知っている。その程度だ。

 レスポールJr.というのが彼が演じた役だ。主役のランダムスターに父を殺され国を追われる王子の役。

 上手かった。当たり前のようにIHIステージアラウンド東京に立ち、自然の摂理のようにセンターで歌って踊っていた。この物言いは失礼かもしれないが、本当に驚いた。

 彼の本職は踊ることと歌うことだが、演技もそこらの若手俳優よりよっぽど上手いと感じたその理由を考えていた。観劇から2ヶ月ほど経って考えた結論としてはジャニーズJr.というのはこういう存在なのだなということ。原石は磨き上げれば宝石に成るかもしれないけれど、それだけでは多分遅い。原石を原石としても輝かせられるひとたちが残っている場所だった気がする。原石を宝石にする為の研磨と原石を原石のまま輝かせる研磨は恐らく努力のベクトルとギアが違う。彼は丹念にどちらの作業にも向き合って磨いて準備してきた人だったのだろう。ジャニーズJr.のある意味での器用貧乏さってこういうところなのかもなあ。むしろ何も持っていない人の方が「デビュー」してしまうのかも。この時代に「デビュー」が目指すべき唯一の正しい道だとは思わないことを前提として。

 レスポールJr.は宝石になる為に生きてきて、どうにかこうにか原石として輝いた人だったなあ。

 ユッケはもう食べない努力。そういう極端な努力だけじゃあ、たぶんダメなんだなとわたしは思うのですが、いかがでしょう。少なくともわたしはユッケを食べる方向で努力する人が好きです。

 

 

 おもしろい俳優になってねとわたしは思うのですが、すきなように、なるべくなるべくなるべく長くこの世界で活躍してください。

満開開花宣言

 ひとつ歳をとりました。

 今年は色んなことがありました。初めて“推し”が卒業したり、TDCの階段から転げ落ちたり、ブログがプチバズりしたり、オタクをやめたり。私生活でも人生を左右する出来事があったりなかったり。激動すぎて少々疲弊気味です。

 TDCの階段は幅が狭いので本当に落ちない方がいいです。止まらないので永遠にゴロゴロ転がり落ちてしまいます。本当に本当に大事な大千穐楽の日に他人に怪我をさせずに済んでよかったです。“推し”の卒業はいい体験になりました。もうあんなに必死に誰かのことを思うことはないかもしれない。

 ブログがプチバズりしたのは、なんだかんだ5〜6年ははてなでブログを書いてきましたがこんなことは初めてだったので本当に驚きました。あんまりバズるもんじゃないなあと思いつつ、こちらもいい経験になったように思います。続けることって何かしらの結果に繋がるものだなあと思い知りました。

 オタクを辞めました。「どうして?」とか色々聞かれたりもしましたが、単純に精神的にも体力的にも疲れてしまったことと、わたしは面白い演劇が観たいだけの人間だったのだなあと改めて気付いてしまったからです。とはいえ、今まで生きてきてオタクを辞めたり始めたりをすることはしょっちゅうしてきているので特に深刻なことだとは捉えていません。演劇はこれからも観続けるし、その中に彼が出演する作品もあるかもしれません。観たいものを観たいだけ観るために、身軽になりたかっただけです。世の中のオタクは疲弊しがちなのでもっと軽率にオタクを辞めたり休憩するべきだと思っています。

 

 最近はお題箱に雑談なんかを入れてくださる方がいてとっても嬉しいです。楽しく過ごしてます。皆さんも、何かあれば是非。お喋りしましょう。

 https://odaibako.net/u/loveholiday128

 

 

 今日一日、夜行バスで東京駅に降り立って、そこから2時間かけて歩いて天王洲まで辿り着き、それでもまだ暇を持て余して、エーステを観て、電車を間違えながらも帰路につき、カプセルホテルに泊まるという日を過ごしてみて、今までと変わらなさすぎて驚きました。これからも何も変わらない気がする。絶対何も変わらないなあ。揺るがないまま、進化していけたら嬉しいなと思います。

 とりあえずは、今年分の舞台感想を今年中には全部書き終えられるように頑張ります。2019年は月一更新にペースを落とそうかなとも考えていますが、これからも出来るだけ多くの人を楽しませられるものが書けるといいなと思っています。

 

 

 

 かちんに誕生日のお祝いを贈りたいという方がいらっしゃいましたらこちらへ♪ 余談ですが、かちんはスターバックスソイラテアーモンドトフィーシロップ追加がお気に入りです。

 https://giftee.co/u/boogiewoogie

 今年はプチバズりで対応に追われたりなどしたので、このくらいのわがままは許してっ!

 

絵画じみた地図を描く手を引き寄せて

 2018年6月18日 舞台『刀剣乱舞』結いの目の不如帰 @京都劇場/ライブビューイング

 私はDVDを含めても舞台『刀剣乱舞』シリーズは「暁の独眼竜」、TRUMPシリーズはDVDで「LILIUM」と「グランギニョル」「マリーゴールド」しか観ていないのだが、一部しか観ていないが故にそのどちらも同じような構図に見える。末満さんは大きな因果の中に小さな関係性を多く構築することが上手い。観客は広い広い森の地図を迷いながらも地道に埋めていく。眼前の地図がいつのまにかに大きく広がっていた事に観客は驚くのみだ。公演を観た後に改めて眺めたメインビジュアルのなんと秀逸なことよ。

 「暁の独眼竜」を観に行った理由は2番目に好きなキャラクターである太鼓鐘貞宗(1番は厚藤四郎)を橋本祥平くんが演じたから。今回は大包平加藤将さんが演じたからだった。歴史にも「刀剣乱舞」にも造詣が深くないために「暁の独眼竜」はどこか入り込めないところがあったため、ストーリーとしては今回の本丸内でのいざこざが発生するループものとして楽しめる「結いの目の不如帰」の方がより面白く感じた。

 役者の経験値が殺陣に如実に表れていたようにも感じて残酷だなと感じた。鈴木拡樹さんの殺陣はとんでもなく上手い。私は将さんのことが大好きだからその様を見ていて歯痒くもあった。しかし同時に伸びしろしかない将さんを眩しくも感じた。大包平が天下五剣“ではない”刀として足掻く姿は、将さんが役者として足掻く姿に重なる。そういう意味では良いキャスティングであったし、彼自身にも良い変化が多くあったようでファンとして嬉しく思う。次作で彼の演技が良くなっていたということに関しては、そちらの作品の感想にて書こうと思う。

 この作品についてわたしが持つ情報はきっと本当に少なくて、取り零した感情や情報は計り知れないほど膨大なんだろう。彼らがどんな風に過ごして、感じて、“終わり”に向かっていったのかわたしは知らない。知らないから、ただこの物語のうつくしい構図に見惚れるしかなかった。哀しさも悲しさも遠くから見るぶんには、うつくしさとしか感じられないことに改めて気付かされた。

 

 ひとまず、お疲れ様でした。

うつくしさのなかにある哀しさの気づき

2018年8月25日夜公演 舞台「野球」飛行機雲のホームラン@シアタードラマシティ

 現在、過去、未来。時間も場所も回想として「とある試合」の合間に折り込まれ、始めのうちは時系列が読めないまま、物語は進んでいく。それを眺めていると、この試合の持つ切実さが、意味が、次第に濃く鮮やかに色付くように明らかになってゆく。登場人物のひとりひとりがやがて鼓動を始め、体躯が、感情が躍動し、劇場全体を駆け、その息遣いが感じられるようになる。物理的にも、感覚的にもそれを感じた。

 美しくなんてない、彼らの青春は。そうさせたものを憎らしく思う。それでも、鮮やかで奇跡的で儚くて、出来すぎた物語だった。それを「美しい」と形容することもきっと出来るのだろう。

 演劇に必要なのは大どんでん返しではない。物語が進むにつれて積み重ねられた事実だ。それによってひたりひたりとその予感が迫り、大きな転換を迎える。演劇として、演劇に対して「真摯」な作品というのはそういう作品だと思う。この舞台「野球」飛行機雲のホームランは正にそういう作品だった。わたしはこういう作品こそ多くの人に観て、愛されていて欲しい。それがわたしの、ひとつの“夢”だ。演劇はわたしの夢だ。

 死がそこに待っているからこそ生を強く感じることが出来るのかもしれない。アフタートークの支離滅裂で文脈が読めないほど取り留めなく永田聖一朗の口から紡がれた「舞台は終わりがあるからいいのかもしれないと思っている」という言葉は、しかし、この演劇の本質にかなり近い位置にある言葉でもあったように思える。

 彼は本当に不思議な役者だ。この物語は安西慎太郎演じる穂積均と多和田秀弥演じる唐澤静の友情物語という側面が大きいが、バッテリーである静に昭治が「勝ちたいか、自分らしくやりたいか、どっちだ。」と問いかけた時の静を演じる永田くんの演技は、短いとはいえバッテリーとして組んできた年月と信頼関係を感じさせ、その表れた存在感には目を見張るものがあった。無邪気で何も考えていないように見えて、ここぞという時には必ず人を惹きつける、すこぶる演技が上手い役者だなあと改めて感じた。そのどこまでもアンバランスなところが彼の魅力だ。

 この物語は最終的にあるひとつの目的へと向かっていくのだが、「総ては唐澤静のため」を納得させるパワーを持つのが多和田秀弥という役者の魅力だなと感じる。きっと、悲しいかな、哀しく切実で重すぎる思いをも受け止めてこそスターだし、彼にそのようなスター性を見出すことは彼を知る人物ならば然るべしだ。

 美しいまでによく出来た物語で、それがなおこの物語を哀しくさせる。いま、この時代に、この物語に、演劇に、役者たちに、出会えたことに感謝しか出来ない。